2019年12月

1/2ページ
  • 2019.12.24

部下が同じミスを繰り返す原因は脳にあるかもしれない

会社で部下がいつも同じミスや間違いを繰り返すからといってその度に注意したり説明するのは無駄かもしれません。なぜならその原因は脳のはたらきの所為かもしれないからです。 部下にやる気がないからとか理解力がないからではないのです。ましてやあなたのことを軽く見ているからでもありません。本人の努力ではどうしようもないことかもしれないのです。 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジのジョイディープ・バタチャリヤ教 […]

  • 2019.12.21

インスタグラムに自撮り写真ばかり投稿すると嫌われる

上手く撮れた自分の写真をインスタグラムに投稿して友達から評価してもらうとテンションが上がります。それが癖になって気がついたら自撮りだらけになっていたという人もいるかもしれません。しかし周囲の人から本当に好かれたいと思っているならやめたほうが良いです。嫌われる可能性が高いからです。 承認欲求とナルシズム 自分のことを「ブスだ(ブサイクだ)」と言っても毎日見ているのですから見慣れていますし口で言うほど […]

  • 2019.12.19

アンパンマンは暴力的だから子供の教育に悪影響を与えるのか?

アンパンマンは最後にアンパンチでばいきんまんをやっつけるのでそれを子供が真似して暴力的になるという意見があります。これを言っている人も本心でそんなことを思っているというより「温かいイメージのアニメの中に独自の暗い解釈を見出した自分」をアピールしたいだけということが多いのですが中には本気でそう思っている人もいます。 結論からいうと自分や大切な人を守るときの防衛手段として暴力を用いることはあるかもしれ […]

  • 2019.12.17

起業家が言う「会社は自分の子供のようなもの」は本当だった

企業が投資ファンドなどに買収を仕掛けられたり、敵対的でなくとも売却を決めたときなどに創業者が「自分の子供を手放すようで苦しい」と述べたりします。 私のような凡人からすると「買収はされるけれどあなたの株式を売却したら何億円も手に入るのだから本音ではラッキーと考えているのでしょ?」と思ってしまいます。要するに残される従業員や世間に対するパフォーマンスなのではないか?という疑いが生じてしまうわけです。 […]

  • 2019.12.16

アパレルの販売員に自社ブランドの服を着せると売れなくなる?

アパレルブランドの販売員は店頭に立つときは自社ブランドの服を着ていることが多いです。着用したときのイメージを分かりやすくしたり、「私も良いモノだと思っているんですよ」という建前になるという効果があります。 お客さんから「店員さんが着てる服はどこにあるんですか?」と聞かれたときにそれが他社ブランドのものだったら説得力もなくなってしまいます。 自社の売り上げに貢献しなければならないという理由もあるでし […]

  • 2019.12.15

服装が集中力に与える影響を考えるとスーツを着る意味はあるかもしれない

ここ数年で就業中の服装に関する規定が緩やかになっています。ノーネクタイだけではなく私服通勤を認める会社も増えています。 特に若い世代では合理的な思考をする人が増えていますからスーツを着る意味が見出せないと不満を感じてしまいます。スーツとネクタイの着用を義務付けている会社は時代遅れな印象を持たれ採用活動にも悪影響が出てしまうかもしれません。 しかし誰もが知る超有能なビジネスマンでもない限りはスーツを […]

  • 2019.12.13

嘘を繰り返すと本当になる!幻想の真実効果とは

人間の脳は嘘であっても繰り返し見聞きすると本当であると信じてしまうことがあります。これを心理学で「幻想の真実効果」と言います。 政治家の演説や企業のコマーシャルなどでもよく使われるテクニックです。フェイクニュースを信じてしまうのもこの効果の影響があります。 脳は簡単に処理できる情報を真実と思いたい なぜ嘘でも繰り返されることによって信じてしまうのでしょうか?それは脳の機能に原因があります。 脳は初 […]

  • 2019.12.12

ダークトライアドとはどんな性格か?

ダークトライアドとはサイコパシー、マキャヴェリアニズム、ナルシズムの3つの性格特性のことです。「dark(闇)」と「triad(三連構造)」という意味なのでイメージしやすいと思いますが性格の暗い側面を表すものです。 (上記の3つにサディズムを加えたものはダークテトラッドと呼ばれます。「tetrad」は4を意味します) 心理学の世界で性格を表すモデルとして有名なものに「ビッグファイブ」がありますが、 […]

  • 2019.12.11

ナポレオンコンプレックス:身長の低い男性は攻撃的な性格をしている

身長の低い男性は攻撃的な性格の人が多いと言われることがあります。 進化心理学的な考え方としては体が大きい方が食料を獲得しやすいため「いつでも食べられる」という余裕があるのに対し、体が小さい方は常に食料を得る機会を失わないようにしなければならないために攻撃的になると言われます。 ナポレオンコンプレックスとは 身長が低いことによる劣等感からステータスについての嘘をついたり攻撃的な態度を取ることを「ナポ […]

  • 2019.12.10

マドンナ・ホア・コンプレックスが男性をセックスレスにする

セックスレスの原因は様々ですが1つとして「マドンナ・ホア・コンプレックス」が挙げられます。妻に神聖さを感じるあまり性の対象として見られなくなる状況です。大切な存在であるが故に生じる問題といえますが、根本には男性の女性に対する認識の影響があるかもしれません。 聖母・娼婦二分法(Madonna-Whore Dichotomy) 女性を認識するときに純潔で聖母のような守るべき存在か魅惑的な売春婦かという […]