占いを信じる人は頭が悪いと研究で判明してしまう

占いを信じる人は頭が悪いと研究で判明してしまう

占いを信じる人の知能について、論文が発表されたので今日はそれを紹介します。

日本は他の先進国と比べて、占いを信じる人の割合が高いと言われています。
テレビで占い師の根拠のない話を芸能人が真面目な顔をして聞いてる姿を滑稽だと思わない人が多い国は珍しいのです。

それくらい占いを本気で信じてしまっている人が多いということですが……

人間は不安になると科学的根拠のないことでも信じる

なぜ日本人が占いを信じてしまうかというと、理由はいろいろあると思いますが、不安になりやすい人が多いからというのが理由の一つかもしれません。

人間は不安になると科学的根拠のないものでも信じやすくなるということが多くの実験から分かっています。

癌になったりすると、カルト宗教やエビデンスのない民間療法を信じてしまう人もいます。
そして今のコロナ禍でもフェイクニュースを信じてしまう人も多いです。

実はこのコロナ禍によって他の国でも占いを信じる人の割合が少し増えているという調査もあります。

占いを信じる人の知能と性格

不安になると、インチキでも信じてしまうということですが…

占いを信じてしまう人には他の特徴もあるだろうということで、スウェーデンの名門・ルンド大学が調査を行いました。
実験の参加者にアンケートやテストに回答してもらったのです。

まず占いをどれくらい信じているかということを調べます。

今回は占星術をどれくらい信じているかということを調べたのですが、これに関しては信じている度合いを調べるための専用のアンケートがあります。
「Belief in Astrology Inventory」というものでそれに回答してもらいました。

他にビッグ・ファイブという性格傾向を調べるアンケートと、ダーク・トライアドという邪悪な性格傾向を調べるアンケートの中のナルシスト度に関するものに回答してもらいます。

そして知能を計るテストも受けてもらいました。

つまり、以下の4項目を調べたということです。

  • 占いをどれくらい信じるか?
  • 性格傾向
  • ナルシスト度
  • 知能

その結果、知能の低い人ほど占いを信じているということが分かりました。
さらに占いを信じている人はナルシスト傾向も強いということも分かりました。

それと性格傾向でいうと協調性と外向性が高い人は若干信じる傾向があったということです。

ナルシストはなぜ占いを信じるのか?

知能の低い人が科学的根拠のないものを信じてしまうというのは理解しやすいと思います。

一方で自己愛傾向の強いナルシストが占いを信じるのはなぜでしょうか?

それは占いがたいてい良いことを言うからです。
そのような肯定的な予言をされることがナルシストのように勘違い甚だしい世界感を持っている人にはウケるということです。

周囲のナルシストを見れば分かると思います。
「あなたはこういう特別な人間です」と言われると自分だけがそう言われているんだと思い込んでしまう人が多いですよね。
だから占いに騙されやすいということです。

占星術を信じる人が見落としていること

占星術は上手いなとは思います。

星の動きは計算できますから、これは科学です。なので「星の動きで鑑定している」と言われたら、知能の低い人は信じてしまいます。

星の動きが計算できるものだからといって、それと人間の運勢がリンクしているということの科学的根拠にはならないということには気づかないからです。

星の動きで人の運勢が占えるのであれば、自動車のタイヤの動きでも占えることになります。

心理学と占いは全くの別物

それから、よく勘違いされがちですが心理学と占いは全くの別物です。

占い師が客を騙すために心理学のテクニックを使うことはあります。
有名なものとしてはバーナム効果があります。

誰にでも当てはまるような曖昧なことでも「これがあなたの特徴です!」と限定して言われてしまうと、自分だけが当てはまるような錯覚を起こしてしまうという効果です。

「あなたは過去の行動を振り返ったときに、果たしてその選択が正しかったのかと、悩んでしまうことがありますね?」と言われたら「すごい当たってる」と思ってしまう人がいるのです。
誰にでも当てはまる話ではないのか?と疑問には思わないのです。

占いを信じている人はこういうトリックに騙されやすいのです。

ちなみにバーナム効果という名前は映画『グレイテスト・ショーマン』のモデルのPTバーナムから取られています。ホラ話とサーカスで成功した興行師です。

このように占い師が心理学のテクニックを使うことはあります。しかしまともな心理学者や臨床心理士、カウンセラーが占いをすることは絶対にありません。

なので「占い師兼心理カウンセラー」のような肩書きを名乗っている人がいたら怪しいと思ったほうが良いです。

心理学をまともに学んでいたら占いは信じようがないのです。まともな教育機関で心理学を教わっていれば、そこの教員に「占いをやります」などと言ったら怒られます。

YouTubeはなぜ占いや霊感を規制しないのだろう…

つくづく思うのですがYouTubeはフェイクニュースを流したり、詐欺みたいなことをやっているとアカウントがバンされます。意外と基準が厳しかったりします。

それなのに占いやスピリチュアル、霊感などに関しては全く規制していません。

フェイクニュースより酷いと思うのですが……。どうなのでしょうか?

『ショーレンを騙せたら1,000万円』

少し話が変わるのですが『朝倉未来に勝ったら1000万円』という企画がABEMAでありましたね。格闘家の朝倉未来選手に挑戦する企画です。

私はこれの心理学版をやりたいと思っています。どういうことかというと、目の前で占いや超能力、霊能力を見せてくれたら1000万円あげます!というのをやりたいということです。私はそのトリックを見破るということです。

『ショーレンを騙せたら1000万円』ということです。

本当に騙すことができたら1000万円あげます、でもインチキが見破られたら、今まで嘘をついていたということを認めて、今後一切、占いや霊感といった科学的根拠のないことはやらないという約束をするというのをやりたいのです。

私は絶対に見破りますけどね。詐欺師たちに思いっきり恥をかかせてあげます。

最新のトリックだと見落とすかもしれないので、マジシャンとかそういう専門家の協力を仰いでやりたいです。

ABEMAに企画を持ち込みます

実は海外ではこういった企画をやっていた人がいるのです。

ジェームズ・ランディというマジシャンがやっていました。

ジェームズ・ランディは占いや超能力、霊などのインチキが大嫌いで、そういうことをやっている人のトリックを片っ端から暴いていってしまう面白いお爺さんでした。
去年、お亡くなりになっちゃったんですけどね…。

このジェームズ・ランディが、目の前で超常現象や超能力を見せてくれたら100万ドルをあげますという企画をやっていたのです。

これには何人も挑戦した人がいますが誰も成功しませんでした。当たり前ですが…

私はこれと同じことをやりたいと思っています。

なのでぜひYouTubeのチャンネル「ショーレンの心理学」を登録してください。

登録者が100万人を超えたら自分で企画をABEMAに持ち込みます。それくらい登録者がいればやってもらえる可能性は高いのではないかと思います。

スポンサーも自分で探してきます。

ということでチャンネル登録をお願いします。

参考文献:Ida Andersson, Julia Persson, Petri Kajonius. (2021). Even the stars think that I am superior: Personality, intelligence and belief in astrology