映画と心理学

  • 2020.04.26

『思い出のマーニー』が意味するものは心理学で説明できる【ネタバレ注意】

テレビで映画『思い出のマーニー』を見ました。スタジオジブリの作品ですね。 原作は1967年にイギリスで出版された『When Marnie Was There』(Joan Gale Robinson著)です。実はこの作品は心理療法を行っている人の間ではわりと知られた作品なのです。 日本の心理療法の第一人者である河合隼雄先生の『子どもの本を読む』(1985年)という著作の中で紹介されているのです。なの […]