心理学

2/14ページ
  • 2021.06.25

カプグラ症候群(ソジーの錯覚)とは

カプグラ症候群とは家族や恋人、親友などが全く同じ外見をした他人と入れ替わっているという妄想を持つ精神疾患です。妄想の対象は人間に限らず動物や物体、場所、時間のこともあります。妄想性人物誤認症候群の一つに数えられることが多いです。 入れ替わりや背乗りを疑う カプグラ症候群はよく知っている人物をその人ではなく、似ている別人、偽者、双子の片方などと妄想します。自分の偽者が近くにいると妄想することもありま […]

  • 2021.06.24

中学1年のときの友達と5年後も友情が続いている確率は1%

あなたは中学1年生のときに仲良くなった友達と今も続いていますか?もしそうならあなたは全体の1%に入っていることになります。それほど10代の友情は壊れやすいものなのです。 ほとんどの友情は1年以上続かない フロリダ・アトランティック大学が10代の少年少女を調べたデータがあります。 それによると7年生(日本の中学1年)のときに親しくなった相手と1年後も親密な友情が続いている可能性は24%です。 最初の […]

  • 2021.06.24

採用試験でブレインティーザー問題(頭の体操)を出す会社はやめておけ

日本全国にある電信柱の数はいくつでしょうか?マンホールのフタが丸いのはなぜでしょうか? このような奇問を英語で「ブレインティーザー(brainteaser)」と呼びます。直訳すると「脳をからかうもの」という意味です。 日本語でいうなら「頭の体操」といったところでしょうか。 企業の採用試験で出されることもありますがこの手の問題を出す会社に入社するのはやめたほうが良いかもしれません。なぜならこのような […]

  • 2021.06.23

触れるだけで病気が治るメスメリズム(磁気療法)の正体

18世紀のオーストリア・ウィーンにフランツ・アントン・メスメルという医師がいました。彼は患者の体に触れただけで病気を治療することができました。 動物磁気 メスメルは人間の体内には動物磁気というものが存在し、そのバランスが崩れることでヒステリー(神経症)などになると考えていました。 なので動物磁気を患者の体に流してバランスを整えることで病気が治ると考えていたのです。 そしてその動物磁気が自分の体の中 […]

  • 2021.06.22

バーナム効果:占い師や霊能者を信じてしまう心理

占いを信じる人の割合は「ある程度信じる」という人も合わせると半分近くいるそうです。特に女性に多く、それなりの社会経験を積んでいるはずの30代、40代以上の人でもけっこうな割合で信じている人がいます。占いが当たっていると信じる背景には心理学のトリックが隠されています。 バーナム効果 アメリカの心理学者バートラム・フォアは次のような実験を行いました。 学生に性格についての心理検査を行いその結果を渡しま […]

  • 2021.06.21

フルタイムで働く母親のほうが40歳時点でのストレスが少ない

フルタイムで働きながら子育てをするべきか?パートとして働くべきか?それとも専業主婦になるべきか? 母親にとってどの生き方が最も良いのでしょうか? 40歳時点での精神的、身体的な健康という意味ではフルタイムが最も良さそうです。 ペンシルベニア州立大学の研究 ペンシルベニア州立大学の研究者は1978年から1995年の間に母親になった2,540人の女性の縦断的データを調査しました。 それによるとフルタイ […]

  • 2021.06.20

ミソジニーの本当の意味とは?

ミソジニーとは女性や女性らしさに対する嫌悪のことです。そのような考えを持つ人のことをミソジニストと呼びます。 女性を嫌悪するといっても性的指向を表すわけではありませんから男性の同性愛者を指す言葉ではありません。むしろミソジニストは異性愛者に多いです。元々は女好きということさえあります。 ミソジニーの対義語には女性に対する愛好を意味するフィロジニーという言葉があります。また男性嫌悪を意味するミサンド […]

  • 2021.06.20

業務時間外のメール対応は精神的にかなりヤバい

あなたは業務時間外にメールで仕事をしていますか?または部下にそれを命じていますか? だとしたら早めに働き方を改革しましょう。 リーハイ大学のリウバ・ベルキンらが行った調査によると就業時間後や休日などの業務時間外にメール対応しなければならない従業員は自宅にいるときでも強いストレスを感じていることが分かっています。 そしてそれが燃え尽き症候群やワークライフバランスの低下につながっています。 仕事から切 […]

  • 2021.06.20

心理学的におすすめのfacebookのプロフィール写真の選び方

facebookのプロフィールは新たに知り合ったばかりの人に自分がどんなキャラクターなのかを知ってもらうために役立つことがあります。 採用活動のために応募者のアカウントを調査する企業もあります。 しかし何も考えずに自分で撮影した顔写真だけを載せていると悪いイメージを持たれてしまうかもしれません。 あなたのプロフィールを見た人により良い印象を与えるために役立つテクニックを紹介します。 何をしている人 […]

  • 2021.06.20

社会不安障害(社交不安障害)は良いエピソードを思い出しにくい

社会不安障害(社交不安障害)の認知モデルはマイナスの情報に対するバイアスがかかっているということは知られています。つまり嫌なことや不安を隆起することばかり注目するようになっているということです。 2019年の研究では認知だけではなく記憶についても特別なモデルを持っている可能性が示唆されています。 社会的でポジティブな出来事は記憶が悪くなる カナダのウォータールー大学のミア・ロマーノらの研究グループ […]

1 2 14