陰謀論を信じる人ほどホメオパシーなどの科学的根拠のない民間療法を信じやすい

陰謀論を信じる人ほどホメオパシーなどの科学的根拠のない民間療法を信じやすい

「強大な力を持った秘密組織が私たちの世界を裏で支配している」
「薬を売りたい製薬会社が病気を作り出している」

あなたはこういった陰謀論や都市伝説を信じますか?

そうだとしたら自分や家族が大きな病気を患ったときは気をつけてください。

助かる命が助からなくなるかもしれません。

権力のある組織のサポートがあると疑う

ヨハネス・グーテンベルク大学のピア・ランバティが陰謀論を信じる傾向と民間療法への評価について調べました。

ドイツ人とアメリカ人を調査したところ、「私たちの生活は誰かの企みによって決定されている」などの陰謀論を信じる人ほどホメオパシー(※1)などの科学的根拠のない療法を信じる傾向があることが分かりました。

別の調査では被験者に新しいハーブ療法についての評価を求めました。

そのとき陰謀論を信じる人々は権力のある組織が承認に向けたサポートをしていると言われると否定的に見る傾向がありました。
反対に力のない組織がサポートしていると言われたときは肯定的に見る傾向にありました。

権力のあるグループが関わっているということは何らかの陰謀があるのではないかと疑ったためと考えられます。

(※1)ホメオパシー:医学的に見るとただの砂糖玉にしか過ぎないと言われるレメディという薬を用いた療法。治療効果についてはプラセボ以上のものはないとして科学的に否定されています。
日本学術会議は会長名義でホメオパシーの危険を指摘しており、日本医師会および日本医学会もそれに全面的に賛成しています。

他の似非科学や超常現象も信じやすい

陰謀論を信じる人は他の根拠のない似非科学や超常現象も信じる傾向にあるのです。

これはフロストバーグ州立大学の調査でも分かっています。

286人の心理学部の学生を対象に行ったアンケートがあります。

その中で「マインドコントロール機能を備えた装置によって支配される」ということを信じるかなどの質問がされました。

そしてこれらの陰謀論を信じている学生ほどその他の似非科学や超常現象なども信じる傾向があることが分かりました。

人間がどのように騙されるのかということについて知識を持っているであろう心理学部の学生でさえ科学的根拠のないものを信じることがあるというのは非常に興味深いことです。

クリティカルシンキングで対処できる

陰謀論やエビデンスのない民間療法を信じる人は直観や感情に従って判断する傾向が強いと考えられます。

そして分析的な視点が欠落しがちなのです。

このような問題を解決するためには「ロジカルシンキング」を身につけることです。

日本語では「批判的思考」などと訳されることもありますが感情的に批判するという意味ではありません。

感情に囚われることなく物事の妥当性を客観的に分析する思考のことです。

クリティカルシンキングはトレーニングによっていくらでも身につけることが可能です。

何となくの感覚で物事の正誤を判断してしまう傾向のある人はぜひ取り入れてみましょう。

病院で通常の医療を受けさせていれば助かったのに民間療法に頼ったせいで命を落としたという例は少なくありません。

事が起こってから後悔しても遅いのです。

新型コロナウイルスが流行していますから気をつけましょう。

優秀な研究者たちがワクチン開発に乗り出しているのにまだ作れていないのです。エビデンスのない民間療法で治療できたとしたら彼らの中からとっくにノーベル賞受賞者が出ているはずです。

こういったニセ医療を信じてしまう人はコロナウイルスよりも自分のメンタル面の心配をしたほうが良いと思います。不安に陥っているときも騙されやすくなるのです。

参考文献:
Pia Lamberty, Roland Imhoff. (2018). Powerful Pharma and Its Marginalized Alternatives?Effects of Individual Differences in Conspiracy Mentality on Attitudes Toward Medical Approaches.
D. Alan Bensley, et al. (2019). The generality of belief in unsubstantiated claims.

心理学カテゴリの最新記事