相手をコントロールする握手のしかた

相手をコントロールする握手のしかた

初対面で握手を求める人の中には主導権を握りたいと思っている人もいます。

先に手を差し出すことで相手の行動を促すことができるからです。

このとき主導権を奪い返す方法があります。

握手をするときに空いているほうの手をつかって相手の肘を外側から軽く押すのです。

柔術をやっている人なら理解しやすいと思いますがこの形で抑えられると腕がロックされます。

すると相手は捕まえられて自由を奪われたような恐怖心を一瞬だけ感じます。

ほんの一瞬ではありますがこのような感覚を相手に起こすことができれば無意識に相手はあなたのことを凄い人と思います。

そしてあなたは精神的に優位な立場を得ますのでその後の交渉がコントロールしやすくなります。

外国の政治家やビジネスマンを見ているとこのような握手をする人が意外と多いことに気づくと思います。

一見すると両手をつかった丁寧な握手のように見えますが実はお互いに主導権の奪い合いをしているのです。