ダイエットが継続できないのは目標を持っているから?(シカゴ大学の研究)

ダイエットが継続できないのは目標を持っているから?(シカゴ大学の研究)

あなたがダイエットをする目的はなんでしょうか?

痩せるため?筋肉をつけるため?健康になるため?

もしそれらの目的で運動したり食事を改善しようと思っているのなら継続しにくいかもしれません。

遅延報酬と即時報酬

運動や健康的な食事によるメリットはさまざまです。
これらのメリットは報酬ともいえますがこの報酬はそれを得られる時期によって2種類に分けることができます。

ジムに通うことで痩せたり綺麗になったりするという報酬はすぐには手に入らないので遅延報酬(Delayed rewards)といいます。

運動することや食事の味を楽しむという報酬はすぐ手に入るので即時報酬(Immediate rewards)といいます。

シカゴ大学が行ったアンケートではジムに通う人の68.75%は遅延報酬を重視しているそうです。
即時報酬を重視するのは26.25%と少なめです。

しかしエクササイズやダイエットの継続を考えた場合には即時報酬を重視したほうが良いのです。

トレーニングそのものを楽しむ

シカゴ大学がジムでトレーニングしている人を対象に実験を行いました。

ベンチプレスやショルダープレスといった6つのトレーニングメニューを見せてそれを実行してもらうというものです。

このときに実験参加者は2つのグループに分けられます。

1つは「このメニューの中からあなたがもっとも好きなものを選んで行ってください」と言われるグループ(即時報酬)です。
もう1つは「このメニューの中からあなたの健康にとってもっとも効果のあるものを選んで行ってください」と言われるグループ(遅延報酬)です。

そして実際にトレーニングを行ってもらうのですがこのとき実験スタッフはこっそり参加者が何回それをやるのかカウントしていました。

その結果、好きなトレーニングメニューを選んだ即時報酬のグループは平均で29.0回行いました。
効果的なものを選んだ遅延報酬のグループは平均で18.9回でした。

つまりトレーニングそのものを楽しんでいる人のほうが継続しやすいということです。

食事そのものを楽しむ

運動に限らず食事においても即時報酬と遅延報酬の差は出ます。

こちらは実験参加者にニンジンを食べてもらう実験です。

まず同じ種類のニンジンに「有機」と「非有機」のラベルを貼っておきます。

そして1つのグループには「おいしいと思うものを選んでください」と言います。(即時報酬グループ)

もう1つのグループには「健康に良いと思うものを選んでください」と言います。(遅延報酬グループ)

そして実際に食べてもらったところ即時報酬グループは平均で38.18gのニンジンを食べました。
遅延報酬グループは平均で25.63gでした。

ちなみに有機のラベルのついたニンジンを選んだ割合は即時報酬グループが77%、遅延報酬グループが90%でした。
有機ラベルのニンジンを選んだ人だけのデータでも即時報酬グループのほうが多くのニンジンを食べました。

つまり健康に良いからと意識して食べるよりも、味そのものにフォーカスしたほうが良いということです。

また味の評価も行っていますが2つのグループの味の感じ方に有意差はありませんでした。

運動と食事の関係

フランスの大学の実験によると楽しく運動をするかどうかでその後の食事量にも影響が出ることも分かっています。

運動を楽しむように言われたグループとまじめにやるように言われたグループでは後者のほうがその後の食事量が多くなったのです。

運動を楽しんだ人は運動そのものから報酬を得ることができました。
しかしまじめにやるように言われた人は運動から報酬を得ることはできませんでした。

なので食事から報酬を得ようとしたため食事量が増えたと考えられます。

分かりやすくいうなら「今日はたくさん運動したからデザートを食べちゃおう」という感覚です。

努力は夢中に勝てない

ほかの実験では勉強でも同様の効果が出ています。
目的のために勉強をするよりも、勉強そのものを楽しむほうが継続しやすいということです。

「努力は夢中に勝てない」という言葉通り、どんな作業や習慣も行為自体を楽しむことが継続と成功にとって重要です。

ダイエットを続けたい人は痩せるという目標にばかりフォーカスせずに、ダイエットそのものの中にある楽しみにも注目したほうが良いかもしれません。

参考文献
KAITLIN WOOLLEY and AYELET FISHBACH.(2016).For the Fun of It:Harnessing Immediate Rewards to Increase Persistence in Long-Term Goals
Carolina O. C. Werle, et al.(2015).Is it fun or exercise? The framing of physical activity biases subsequent snacking