夫婦が最も離婚しやすい寝相が判明、離婚した86%がこのポジションで寝ていた

夫婦が最も離婚しやすい寝相が判明、離婚した86%がこのポジションで寝ていた

夫婦がどういうポジションで寝ているかと離婚する確率に相関があるのでは?ということを調べた研究があります。

イギリスの寝具サイトが離婚した男女およそ1万人にアンケートをしたところそのうちの86%が「Female Spoon」というポジションで寝ていたことが分かりました。
これは二人が同じ方を向き女性が後ろから包み込むような状態です。

この姿勢で寝ると男性が抑圧された気分になりやすく、ストレスも溜まりやすくなるので離婚につながりやすいのではないかといわれています。
それからこの寝相だと夫婦が母と子のような感覚をもってしまう可能性も考えられています。

ちなみに最も離婚しにくいとされたポジションはお互いが触れずに顔を合わせる形でした。
次に離婚しにくいのは触れられるくらいの距離で背中合わせになるポジションでした。

「Female Spoon」で寝るくらいならお互いに反対を向いて寝たほうが夫婦関係は良好かもしれません。

参考:https://thedozyowl.co.uk/