夢は深層心理を分析するための手がかり

夢は深層心理を分析するための手がかり

精神分析の創始者といわれるジグムント・フロイトは夢は深層心理に抑圧された願望や不安があらわれるものとしました。

私たちが起きているときというのは意識の力が働いていて、深層心理の中にある感情は抑圧されています。
しかし眠りにつくと意識のはたらきが弱くなるため抑圧されている感情があらわれやすくなり夢という形で出てくるのです。

国際精神分析協会の初代会長だったカール・グスタフ・ユングは精神性を補償するために夢を見るといいました。
現実の世界で体験することの出来なかったことを夢の中で体験することによって感情を発散し精神のバランスをとっているのです。

私たちの夢をつくるものはいくつかあります。
フロイトが言ったように願望や不安によって夢を見ることもあれば過去の体験や記憶によって見ることもあります。

外的な刺激によって見ることもあります。
例えば夢の中で目覚まし時計が鳴っているシーンで起きたとき、本当に鳴っている場合は目覚ましの音が刺激になったと考えられます。
寝ているときに人の名前を言われるとその人が出てくることもあります。

また体に起こっている生理現象が影響することもあります。
トイレに行く夢の途中で目覚めたら尿意を催していたりするのはこのためです。

夢の検閲・作業

夢は深層心理に抑圧された願望や不安が出てくると説明しましたがそのままの形で出てくるとは限りません。

例えばあなたが好きな人と付き合いたいという願望を持っていたとしても、好きな人とデートしている夢を見るというわけではないのです。
もちろんそのような理想的な形で見ることもありますが、ほとんどは形を変えて出てきます。

違う人に置き換えられたり、混ざったりするのです。
また象徴的なアイテムが出てきたり観念が視覚化されることもあります。これらを心理学ではシンボルと呼びます。

もともとあるモノや人が加工されてストーリーになることもあります。
形を変えて出てくるシンボルを分析することによって自分でも気づいていない深層心理を知ることが出来るのです。

夢を見るには

人は一晩に3~5個の夢を見ていると言われています。
夢を見ないという人もいるでしょうが忘れてしまっているだけで本当は見ているのです。

忘れないようにするために夢日記をつけるという方法があります。

目が覚めてまだうとうとしているときに夢の内容を頭の中でゆっくりと思い出します。
細部まで思い出してストーリーを整理するのです。
もちろん辻褄の合わない内容になるでしょうがそれで良いのです。

頭の中で整理することが出来たらそれをノートに書き写してください。

夢をあまり見ないという人も夢日記を継続しているうちに思い出す頻度が増えてきます。

しかし注意すべきことがあります。
夢を見る理由の一つは記憶の整理のためとも言われています。
夢を現実世界で記録することにより境界が曖昧になることがあります。

それによって誤記憶が生じたりメンタルヘルスの問題が生じることもあります。
あくまでも自己責任で行ってください。

心理学カテゴリの最新記事