フェイスブックの投稿内容から性格や心理が分かるという論文

フェイスブックの投稿内容から性格や心理が分かるという論文

フェイスブックに投稿する人の心理はいくつか考えられます。

承認欲求を満たしたい、誰かとつながりたい、自分の記録を残したいなどです。

これらはどんな内容を投稿しているかによってある程度の判断ができます。

フェイスブックユーザーへのオンライン調査

イギリス・ブルネル大学のタラ・マーシャル博士は555人のフェイスブックユーザーにオンライン調査を行いました。

質問内容は心理学の研究で頻繁に使われるビッグファイブ(5因子モデル)と呼ばれる項目です。
簡単に説明すると以下の5つの特性のことです。

  • 外向性:コミュニケーション能力
  • 神経症傾向:情緒安定性、心理的な安定
  • 開放性:オープンな性格・好奇心・チャレンジ精神
  • 勤勉性:誠実性、自己をコントロールする力
  • 調和性:周囲とうまくやれる能力

上記に加えてナルシズムと自尊心に関する質問もなされました。

その結果、性格特性とフェイスブックに投稿する内容には関連性があるということが分かりました。

投稿内容と性格特性、心理の関係

性格と投稿内容について次のような結果が得られました。

自尊心の低い人

自尊心の低い人はフェイスブックが自己開示をするのに好ましい場であると認識しています。
投稿する内容は自分の恋愛やパートナーについて投稿することが多いです。
これは積極的な意味ではなく関係が上手くいっていないと思われないようにするためという消極的な意味であると考えられます。

ナルシスト

ナルシストは自分を露出することが多いです。
運動や身体的な内容に関する投稿が多く頻度も高いです。
また自分の成果を報告しそれに対する賞賛を求めます。いわゆるリア充アピールというものです。
肯定的な投稿を積極的に行い「いいね!」をもらおうとします。

オープンで創造性のある人

社会的相互作用、つまり他者とのつながりはそれほど求めていないため個人情報を晒すことに積極的ではありません。
それよりも最新情報や研究の成果などを求めています。

誠実、勤勉な人

このタイプの人は投稿すること自体が少ないです。する場合は子供のことについてする傾向があります。
他者からどう見られるかを気にするため大胆な内容は投稿しません。

余談ですがfacebook社も投稿と人間心理に相関があることは分かっており大学と共同でユーザーの行動を調査したりしています。
数年前に友人のハッピーな投稿を見ると落ち込むかということを調査するために投稿内容を操作したとして謝罪していました。

参考文献:Tara C. Marshall, et al,(2015)The Big Five, self-esteem, and narcissism as predictors of the topics people write about in Facebook status updates