母親はfacebookグループの子育てに関する意見を信用して買い物をする

母親はfacebookグループの子育てに関する意見を信用して買い物をする

子育て中の母親が商品を選択するときにどこで情報を手に入れてどのように活用するのでしょうか?

それは同じ環境にいる人間同士のコミュニティやSNS上の口コミです。

これらのグループによってもたらされる情報が母親の購買習慣に想像以上に大きな影響を与えています。

同年代の子供を持つ母親からの影響ほど受けやすい

クイーンズランド工科大学とキャンベラ大学の研究者が行った調査によると子育て中の母親は情報源としてfacebookのグループ内の意見を信用することが分かりました。

グループの中で他の母親が何らかの商品が良かったと報告すると自分もそれを試そうという気になりやすくなります。

これは同年代の子供を持つ母親からの影響ほど強く受けやすいことも分かっています。
そこにエビデンス(科学的根拠)を求める傾向は見られないようです。

またグループ内のやり取りを何度も繰り返されるほどに信頼性は高まります。
つまり頻繁に意見交換しているコミュニティからの情報は信用しやすくなるのです。

マーケティングに用いるときの注意

この母親グループは子供向け製品を販売する企業のマーケティングに役立てることも出来そうです。

支持されている母親に商品を無料で提供することでクチコミ的に広がっていきます。

しかし自社製品によほどの自信がなければ両刃の剣となります。
なぜなら否定的な意見は肯定的な意見と同じくらいに影響力があるからです。
誰かが「あの商品はダメ」と言ったらその意見も信用してしまうのです。

だからといってステルスマーケティングによって評判を捏造することもできません。
それに協力する人物のいるグループは信頼を失うからです。

消費者同士の口コミが広がりやすく尚且つパワーを持つ現在では魅力のある商品を作り続けなければなりません。
必死で営業しなければ売れないような商品はそもそも価値がないのです。

参考文献:Raechel Johns, Rebecca English. (2014). Mothers influencing mothers: the use of virtual discussion boards and their influence on consumption.

心理学カテゴリの最新記事