なぜ野球ファンやサッカーのサポーターは負けるとキレるのか?

なぜ野球ファンやサッカーのサポーターは負けるとキレるのか?

野球ファンにせよサッカーのサポーターにせよ贔屓チームの勝敗によってその日の機嫌が大きく左右されてしまう人が一定数います。そして理不尽に周囲の人に当り散らしたりします。
これは日本だけではなく、他の国でもあることです。

興味のない人からしたら他人がやっている試合の勝敗でそこまで喜んだり怒ったりする感覚は理解できないかもしれません。しかしこれは心理学的に説明がつきます。

負け試合の後はDVの通報件数が増える

行動経済学者のデイビッド・カードたちはアメリカンフットボールの勝敗と暴力について調査しました。
米国ではアメリカンフットボールが日本でいう野球のような位置づけで地元チームの試合の視聴率は20%以上です。

研究者たちは1995年から2006年まで6つのNFLチームの勝敗と男性が女性へのDVを行う可能性の相関を調べました。

その結果、地元チームが負けた日はDVによる警察への通報が有意に多くなることが判明しました。

特に試合終了後の1時間以内と2時間以内の件数が多くなることからも贔屓チームの負けが暴力につながりやすいことが分かります。

またその負け方も影響を及ぼします。勝つであろうと予想された試合で負けたときや、プレーオフ進出がかかった試合で負けたときほど警察への通報件数は多くなるのです。

この調査では勝ったときの影響も調べていますが、勝ったときに暴力による通報が普段よりも減るということはありませんでした。

これは「人間は1万円を拾ったときより、1万円を落としたときのほうが心の動きが大きい」という心理学のプロスペクト理論の通りです。

勝った喜びは普段からDVをする人間の衝動性を抑えるほどの影響力はないということです。

人生に自信のない人ほど勝敗に機嫌を左右される

なぜ他人がやっている試合の勝敗にここまで影響されてしまうのでしょうか?
それは応援しているチームと自分を一体化しているからです。

人間には自分の心のバランスを保つための防衛機制というはたらきがいくつか存在します。
その中の一つが「同一化」というものです。
子供が戦隊ヒーローの真似をするのもこの同一化です。

応援しているチームが負けたときに不機嫌になるのもこれと同じ心理です。
彼らは一流のアスリートと自分を同一のものと感じることによって自分も強くなった気分になれます。
しかし試合に負けてしまうと自分が負けたのと同じ気持ちになるので怒鳴ったり暴力を振るうのです。

このようになってしまうのは自分の人生が上手くいっていない人や社会的な地位に自信のない人に多いです。
仕事に熱中しているような人はそこでの結果が一番ですから他人の勝敗に機嫌を任せるようなことはしません。

あなたがもし野球やサッカーの試合結果に機嫌を左右されるようなら自分の人生を見直したほうが良いでしょう。

参考文献:David Card, Gordon B. Dahl. (2011). Family Violence and Football: The Effect of Unexpected Emotional Cues on Violent Behavior.