男性ホルモンを減らすには子供と一緒に寝ると良い?

男性ホルモンを減らすには子供と一緒に寝ると良い?

男性ホルモンのほとんどを占めるテストステロンはハゲの原因と言われます。

酵素と結びつくことで生成される物質が毛根への栄養補給を止めてしまうからです。

ハゲないようにするために男性ホルモンを減らす方法は色々と言われています。

食事を変えるとかサプリメントを摂取するとかあります。

しかし一番簡単な方法は子供と一緒に寝ることかもしれません。

ノートルダム大学のLee Gettlerらがフィリピン人の父親362人を対象に調査を行いました。

それによると子供と一緒に寝ている父親の夕方のテストステロン値は別の部屋で寝ている父親と比べて低いことが分かりました。
目覚めてから夕方にかけてのレベルの下がり方も大きいです。

また数年に渡る追跡調査でも一緒に寝ている父親のテストステロンの減少幅は大きいことが分かりました。

他の研究では1日に3時間以上の子育てに関与する父親はテストステロンが低いことも分かっています。

男性ホルモンと子育ては相反すると言われていますからその値が元から少ない人が子育てに関与しやすと考えることもできます。

しかし今回の調査は子供に関与するという行為そのものが男性ホルモンを減らす可能性を示唆しています。

男性は父親になるだけでも男性ホルモンが減少することがあります。

この減少幅が少ない人は子育てに積極的に参加しない傾向があると言われています。

遊び人だった男性が結婚して子供が生まれたのを機にマイホームパパになったりすることがあります。
それは性欲と関連するとされる男性ホルモンの減少が影響しているからかもしれません。

将来ハゲたくないと考えている人は子供と一緒に寝ることから始めてみてはいかがでしょうか?

参考文献:Lee T. Gettler, et al. (2012). Does Cosleeping Contribute to Lower Testosterone Levels in Fathers? Evidence from the Philippines.

心理学カテゴリの最新記事