女性を見た目で選ぶのは男性の本能のようなもの

女性を見た目で選ぶのは男性の本能のようなもの

男性に「女性を選ぶとき見た目と性格のどっちを重視する」と聞くと「性格かな…」と答える人が多いです。
これは当然です。
外見で選ぶよりも相手の中身を見て選ぶと言ったほうが印象が良くなるということを知っているからです。

しかし男性同士の飲み会でこの手の話題が出ると正直に「見た目」と答える人が増えます。
男性が女性を見た目で選ぶのは人間の本能と言えます。

見た目の良い女性は健康

人間が生きる究極の目標は子孫を残すことです。
今は価値観が多様化している世の中ですのでしっくりこないかもしれません。

しかし本能レベルで見た場合には子孫を残すことは非常に重要なことです。
なので男性は女性を選ぶときに優秀な子供を産んでくれそうかどうかを見た目から判断するのです。
具体的には次のようなポイントで判断します。

線対称な顔と体

男性でも女性でも線対称な顔と体に惹かれます。
線対称ということは栄養が全身にバランスよく行き渡っている健康な人間と判断できるからです。
すると生まれてくる自分の子供も健康である可能性が高いと考えます。

くびれ

女性は初潮を迎えたあたりから女性ホルモン(エストロゲン)の影響によりくびれが出来ます。
そしてこのくびれは女性の健康状態をあらわすということが研究データからも分かっています。

くびれのある女性の方が妊娠しやすいだけでなく、心臓病やガンなどの病気にかかりにくい傾向もあると言われているのです。
男性がくびれのある女性を好むのは本能的にそのことを知っているからと言われています。

またくびれているということは他の男性の子供を宿していないというサインにもなります。

男性が好むウエストとヒップの比率は7:8前後と言われています。
オードリー・ヘップバーンやマリリン・モンローもこの比率だったと言われています。

※ただし最近の研究では「ウエスト対ヒップ比」よりも「ウエスト対身長比」のほうが重要という結果も出ています。

若さ、肌ツヤ、髪ツヤ

男性が若い女性を好むのは子供を産める確率が高く、他の男性の子供を産んでいる可能性が低いと判断するためと考えられます。
20歳前後が最も妊娠しやすい時期と言われますが確かにこの年代は各世代の男性からモテる傾向があります。
また肌や髪のツヤからも若さや健康状態を判断すると言われています。

見た目以外に臭いからも健康な女性を嗅ぎ分けると言われています。
どのような臭いが良いかということではなく、それぞれに相性の良い臭いがあるとされています。
これらの情報を男性は一瞬で判断する能力を持っていると言われています。

美人じゃない人はどうするか?

ここまでの説明を読んで「美人じゃなきゃ勝負にならない?」と思った人もいるでしょう。
しかし安心してください。女性の場合は見た目をいくらでも変えることができます。

くびれをつくる

くびれのある人でもくびれがなくなる時期があります。
それは妊娠したときです。
くびれが無くなることで他の男性に「あなたの子供を産める状況ではありませんよ」というメッセージを伝えるわけです。

反対の見方をすれば太っているためにくびれのない人は妊娠していなくてもこのメッセージを発していることになります。
太っている人はまずくびれを作りましょう。

化粧で誤魔化す

完璧に線対称な顔を持っている人というのはほとんどいません。
程度の差こそあれそれぞれのパーツの大きさは異なります。
しかし女性は化粧でそれを誤魔化すことが出来ます。
目の大きさや輪郭のゆがみを目立たないようにして出来るだけ線対称に近づければ良いのです。

笑顔

常に笑顔でいれば同性からも異性からも印象を良くすることが出来ます。
笑顔は「あなたに敵意はありません」というメッセージです。

普段から口角を上げるクセをつけましょう。(ただし挙げ過ぎると逆効果です)
いつもムスっとしていると顔の皮膚がその形になってしまいます。

女性を外見からの情報で選ぶのは男性に備わった本能ですが女性の場合はいくらでも見た目を変える方法があります。
モテるチャンスは無数にあると言えるでしょう。

心理学カテゴリの最新記事