幸運の女神は不幸を運んで来るらしい(米国研究)

幸運の女神は不幸を運んで来るらしい(米国研究)

あなたは運を擬人化して考えるタイプでしょうか?
つまり「幸運の女神が微笑んでいる」とか「チャンスの神様がやってきた」とか考えるタイプかということです。
もしそうであればギャンブルや投資をしないほうが良いでしょう。負ける可能性が高まります。

運を擬人化する人はリスクを低く見積もる傾向があるということがルイビル大学の実験でも分かっています。
この実験では参加者にどんな会社に投資をするかを選択してもらいました。
そのときそれぞれのリターンとリスクについての説明がなされます。

そして一方のグループには幸運の女神がついているということを認識させました。
すると幸運の女神の存在を認識させられなかったグループと比べリスクの高い投資をする傾向にあることが分かりました。
この傾向は普段からリスクのある意思決定をする機会の多い人ほど顕著となりました。

なぜこのような結果になったのでしょうか?
それは運を擬人化することによってリスクが共有されたような気になってしまうからです。
それが安心感につながりよりハイリスクな選択をするのです。

幸運の女神を信じている人は投資やギャンブルの危険性を実際よりも低く見積もってしまう傾向があるので気をつけましょう。

反対にあなたがギャンブルを経営しているのであれば看板には「運が味方しています」ではなく「幸運の女神がついています」と書いたほうが良いということです。

そういえば宝くじのCMでも幸運の女神が出てきますね。販売元はこの効果を知っているのかもしれません。

他の研究では美女が近くにいると男性はリスクを取りやすくなることも分かっています。
女性はイケメンを見てもこのような効果は起こりませんから「幸運の女神」のキャンペーンは心理学的に正しいといえるでしょう。

しかし幸運の女神は客には微笑まないようです。

(参考文献)Lady Luck: Anthropomorphized Luck Creates Perceptions of Risk-Sharing and Drives Pursuit of Risky Alternatives