会話から嘘を71%の確率で見抜く3つのテクニック

会話から嘘を71%の確率で見抜く3つのテクニック

会話の中で相手の嘘を見抜くためには以下の3つのテクニックを使ってみてください。

  1. 認知的負荷をかける
  2. たくさん喋らせる
  3. 予想外の質問をする

ポーツマス大学が上記のテクニックを用いて行われた複数の実験結果を分析したところ嘘を見抜ける確率が上昇することが分かりました。

具体的な数値は以下の通りです。

  • 嘘の検出:47%から67%へ上昇
  • 真実の検出:57%から67%へ上昇
  • 真実と嘘を合わせた検出:56%から71%へ上昇

具体的なテクニック

冒頭で紹介した3つのテクニックの具体的な方法について説明します。

1.認知的負荷をかける

嘘をつくときは脳の認知リソースが必要となります。
そこで他の作業をさせながら話をさせることにより負荷をかけてそのリソースを減らし上手な嘘がつけないようにするのです。

そのための方法として話の順序を逆にして話してもらうことや目が合っている状態を維持させることがあります。

また相手が2人以上の場合は強制的に話者交替(ターンテイキング)させてしまうことも有効です。
1人が話している途中で中断させその続きを残りの1人に話させるというテクニックです。
これを何度か繰り返すと認知に負荷をかけることができるのです。

2.たくさん喋らせる

真実を話す人と嘘をつく人では細かい部分での具体性に差が出るので嘘が発見しやすくなります。
そのためにはより多く喋らせることが重要です。

喋らせるためには聞き手の態度が大切になります。
話しやすい雰囲気と信頼関係をつくり矛盾を発見してもすぐに指摘しないことです。
それによって話し手は嘘がバレていないと思うのでさらに情報を提供してくれます。

また追加の情報を提供することで手がかりを与えてしまうと感じると話を逸らしたり誤魔化そうとするのでそこから嘘を検出することも可能です。

3.予想外の質問をする

嘘をつく人間は事前に質問に対する答えを用意していることが多いです。
そして準備された答えから嘘を見抜くのは難しいです。認知的負荷がかからないので態度に出にくいからです。

そこで相手が予想していない質問をして動揺させるのです。
予想していない質問に対しては「忘れた」「知らない」などの回答をすることもあります。

そのときのために問題の核心に関連する質問をしましょう。
その質問への回答が「忘れた」「知らない」だった時点で嘘だと判断できるからです。

嘘つきの精神的な負担を大きくすることが大切

真実を話すときよりも嘘をつくときのほうが精神的な負担は大きくなります。
これはfMRIによる実験でも分かっていることです。

精神的な負担が大きくなると人間はそれが話し方や態度に出てきます。

つまり嘘をついているときとそうでないときでは態度に差が出るということです。

この態度の差をより大きくすることができれば嘘の発見が容易になります。

そのためには3つのテクニックをつかって精神的な負担を大きくしてあげれば良いのです。

仮にこのテクニックを忘れてしまったとしても「どうすれば精神的な負担を大きくさせられるか」という視点さえ持っていれば、嘘をついたときに反応を出させやすくすることができます。

参考文献
Aldert Vrij,et al.(2015).A cognitive approach to lie detection: A meta‐analysis