ビジネスランチ中のスマホは許せる?許せない女性の割合は男性の2倍

ビジネスランチ中のスマホは許せる?許せない女性の割合は男性の2倍

あなたが年上の女性とビジネスランチをする時はスマホのチェックはしないほうが良いです。

せっかくまとまりかけた案件が消えてしまうかもしれません。

会議や打ち合わせの場における通話やメールの確認については女性のほうが男性よりも厳しく評価します。

ビジネスランチ中のスマホチェックを許せる女性は34%

南カリフォルニア大学のピーター・W・カードンの調査によればビジネスランチ中にスマホをチェックすることに対して女性は男性の2倍も気にするそうです。

この調査ではビジネスランチの最中にスマホでメールやその他のテキストメッセージの使用を許容できると答えた女性は34%でした。
男性の場合は59%が許容していますから2倍近い開きがあることになります。
また通話に関しては女性の26%しか許容できると言っていません。男性は50%です。

年齢別でも大きな開きがあります。
30歳未満の66%が許容できるのに対し51~65歳では20%しか許容しません。
3倍以上の差があります。

礼儀正しさは無料で使える武器

この調査はアメリカで行われたものですから日本にそのまま当てはめることは出来ないかもしれません。

もしかしたら日本人のほうが余計に気にする可能性もあります。

また年配の人がビジネスの世界から引退する毎にスマホの使用に寛容な人の割合は増えていくと思われます。

しかし現段階では気にする人のほうが多いのです。特に女性は。

テーブルの上に出しておくだけでも失礼と感じる人もいます。

友達とお茶している感覚でいるとキャリアを失うことになってしまうかもしれません。

無礼な態度を取る人が多い中で礼儀正しく振舞えるとそれだけで好印象を残せます。

人間はビジネスにおける判断を客観的に行っているつもりでもほとんどの場合に感情の影響を受けています。

好きか嫌いかで決めたあとでそれっぽい根拠をつけていることが多いのです。

礼儀正しさは無料で使える武器です。

参考文献:University of Southern California. (2013). Reading this in a meeting? Women twice as likely as men to be offended by smartphone use.

心理学カテゴリの最新記事