部下が同じミスを繰り返す原因は脳にあるかもしれない

部下が同じミスを繰り返す原因は脳にあるかもしれない

会社で部下がいつも同じミスや間違いを繰り返すからといってその度に注意したり説明するのは無駄かもしれません。
なぜならその原因は脳のはたらきの所為かもしれないからです。

部下にやる気がないからとか理解力がないからではないのです。
ましてやあなたのことを軽く見ているからでもありません。
本人の努力ではどうしようもないことかもしれないのです。

ロンドン大学ゴールドスミスカレッジのジョイディープ・バタチャリヤ教授らの研究によるといつも同じ間違いを繰り返す人の脳は次回の挑戦に適応するための反応が鈍いということが分かりました。

実験では36人の被験者に自分の感覚だけで1.7秒を計測するように指示しました。
その後でそれが実際の時間とどれだけ差異があったのかや改善策について説明されました。

2回目以降の試行で成績が改善した人たちは脳の反応速度が速くなることが分かりました。
これは成績が改善しない人には見られない反応でした。

同じ間違いを繰り返す人とそうでない人では脳の反応に違いが出たということです。

実験の成績が優秀な人は過去の学習をフィードバックをするだけではなくそれを次回の作業に適応する能力も高いそうです。

こういった能力が低い人がどのようにすればミスを減らすことが出来るのかについては述べられていませんでした。

しかしミスが多いからといって無能ということではありません。
他の仕事に就かせれば優秀な結果を残すこともあります。

またあなた自身のことも振り返る必要があるかもしれません。
何度も同じ間違いやミスを繰り返す部下にいつも同じ説教をしているのだとしたらあなたの脳もうまく適応できていない可能性があるからです。

あなたが無駄に緊張感のある職場環境をつくっているせいでミスが発生しやすくなっているという可能性もあります。

参考文献:Luft CD, Nolte G, Bhattacharya J.(2013).High-learners present larger mid-frontal theta power and connectivity in response to incorrect performance feedback.

心理学カテゴリの最新記事