オランダで最も人生の満足度が高い仕事とは?

オランダで最も人生の満足度が高い仕事とは?

1日の大半を費やす仕事は人生の満足度に大きな影響を与えます。
それにも関わらず最適な職業選択をしている人は少ないです。
これにはやりがいや収入で仕事を選び、自分の属性や生涯設計を無視していることが影響しています。

属性が変われば満足度も変わる

オランダで仕事と人生の満足度の関連についての調査が行われました。
結果によると最も人生の満足度が高いのは船舶、航空管制官、技術者で、低いのは林業関連の仕事でした。

これを男女別に分けて見ると違いのあることが分かります。
男性で最も満足度が高いのはキーボードオペレーターで女性は創造性を発揮できるアーティストとなりました。

男性と女性では他の仕事でも満足度に差があります。
例えば医者に関しては男性は10段階で7.98という満足度を示しているのに対し女性の場合は7.50と低く出ています。
反対に弁護士などの法律家やスポーツ関連の仕事に従事する人の間ではこういった差は見られませんでした。

子供がいるかどうかも影響することがあります。
化学や写真関係のオペレーター、データベースやネットワークの専門家は子供がいない人のほうが満足度が高いです。

また年齢別で見た場合にも差があります。
10代から20代ではエンジニアリングや工学の専門家の満足度が高いですが30代後半から40代前半では医療従事者の満足度が高くなります。

これらの結果から同じ仕事でも個人の属性によって満足度は異なるということが分かります。
これは非常に重要な視点となります。

幸福になれるかどうかのアドバイスができる人はいない

注意してほしいのですが今回の調査は「仕事(職業)に対する満足度」の調査ではありません。
「人生の満足度」に職業は関係するか?という調査です。

仕事依存症のように働き収入も高ければ仕事への満足度は高まるかもしれません。
しかしそれによってプライベートを犠牲にしていたら人生への満足度は低くなります。

オランダでは12歳でどういった中等教育を受けるかという選択に迫られます。
自分の成績や特性、好みなどを勘案しどのカリキュラムの学校に行くか決めるのです。
この選択が将来の職業選択に影響を与えます。
つまり若い段階で自分の将来についての選択をしなければなりません。

今回の研究結果の中でも言及されていますがこのときにどういう職業に就けるかをアドバイスしてくれる人はいますが、将来の幸福にどのような影響を与えるかということを教えられる人はいません。

自分の能力が高いというだけの理由で一般的に高収入かつやりがいもあると言われる職業に就くと人生の満足度は下がるかもしれません。

仕事と人生の満足度は必ずしも一致しない

私事ですが独立する前に何社かで会社員を経験しました。
中にはやりがいのないつまらない仕事もありました。満足度は低かったです。
しかし人生の満足度は高かったと思います。

なぜかというとその時点で自分の将来の設計図が決まっていたからです。
プライベートでその準備や副業をする時間が取れていたので昼間の8時間は体力を消耗しなければ良かったのです。

「確かに会社にいる時間は退屈だし成長もしないけれど給料と社会保険の面倒を見てくれているからトータルで見たら正しい行動」と考えていたのです。
今だったらその8時間も何かの役に立たせるように工夫しろ!と言いたいですが……。

逆にどんなにやりがいのある仕事でも時間を削られたら人生の満足度は低かったかもしれません。

仕事と人生の満足度は必ずしも一致しないのです。

仕事を選ぶときは収入ややりがいだけはなく、自分の属性も考慮する必要があります。
それに加えて自分の将来の設計図の中で今自分はどの位置にいるのかということも意識すると良い選択ができるかと思います。

参考文献:Joyce van Leeuwen, Ruut Veenhoven(2019)Would I be happier as a teacher or a carpenter? Clues in survey data on happiness and occupation

心理学カテゴリの最新記事