2/12ページ

2/12ページ
  • 2020.04.15

「タダメシ依存症」とでも呼ぶ?:奢ってほしいという欲求が異常に強い人々

奢ってもらうということに異常なほど執着する人がいます。 それほど仲良くない相手であっても奢ってもらえるというと勝手についてくる人もいます。 私はこのような人々のことを勝手に「タダメシ依存症」と呼んでいるのですが本当に何らかのパーソナリティー障害なのかもしれません。 奢りなのに安いメニューを食べたことをずっと後悔する けっこう前ですが若い人たちと食事をする機会がありました。私が一番年上だったので全額 […]

  • 2020.04.05

美魔女コンテストを痛いと批判する人が気づいていない心の闇

何歳になっても綺麗でいたいと思うのは女性の自然な欲求です。 光文社の女性誌「美ST」が作った美魔女という言葉も注目されるようになりました。 その「美ST」が開催している「国民的美魔女コンテスト」の定義によると美魔女とは「35歳以上で年齢を感じさせない輝きを持っている女性」のことらしいです。 こういったコンテストに出場している人の表情は活き活きとしています。 反対に美魔女を批判している人の顔は残念な […]

  • 2020.03.25

ネット弁慶のリアル:調査によるとオンラインゲームでさえ女性しか攻撃できない

ネット弁慶とは顔の見えないインターネットの世界でのみ強気に攻撃をする人たちを意味するスラングです。 オンラインゲームや掲示板、SNSなどに生息しています。 ネット弁慶はリアルの世界では相対的に低い地位にいるとされています。引きこもっているニートだなどと言われることもあります。 彼らが本当にニートかどうかは分かりませんが社会的に抑圧された立場にいる可能性は高いです。 オンライン上でさえ男性にはビビる […]

  • 2020.03.16

夢は深層心理を分析するための手がかり

精神分析の創始者といわれるジグムント・フロイトは夢は深層心理に抑圧された願望や不安があらわれるものとしました。 私たちが起きているときというのは意識の力が働いていて、深層心理の中にある感情は抑圧されています。しかし眠りにつくと意識のはたらきが弱くなるため抑圧されている感情があらわれやすくなり夢という形で出てくるのです。 国際精神分析協会の初代会長だったカール・グスタフ・ユングは精神性を補償するため […]

  • 2020.03.10

リップスティック効果:なぜ化粧品業界は不景気に強いのか?

化粧品業界は不景気に強いと言われることがあります。実際にそういったデータもあります。 進化心理学的にその理由を説明するなら不況のときほど女性は優秀な男性を捕まえなければとう欲求が高まるからといえます。 そのためには外見を綺麗にする必要があり化粧品の売上は落ちるどころか上がることさえあるということです。 リップスティック効果(口紅効果)とは エスティローダーの会長だったレナード・ローダーがITバブル […]

  • 2020.03.05

フェロモン?性的に興奮している女性は脇汗の匂いで分かる

人間の匂いに関する実験というのは色々と行われています。 有名なものでは同じ寮に住んでいる女性の生理周期が同調するという「寄宿舎効果」があります。これはワキの下から分泌される物質の影響が考えられています。実際に生理中の女性にその匂いを嗅がせると生理周期が乱れることが分かっています。 他にもパートナーの着用したTシャツと一緒に寝ると安眠できるという研究結果もあります。DNAの相性が良い人同士はお互いの […]

  • 2020.03.04

触れるだけで病気を治すメスメリズム(磁気療法)の正体

18世紀のオーストリア・ウィーンにフランツ・アントン・メスメルという医師がいました。彼は患者の体に触れただけで病気を治療することができました。 動物磁気 メスメルは人間の体内には動物磁気というものが存在し、そのバランスが崩れることでヒステリー(神経症)などになると考えていました。 なので動物磁気を患者の体に流してバランスを整えることで病気が治ると考えていたのです。 そしてその動物磁気が自分の体の中 […]

  • 2020.03.03

誰でも簡単にできるダイエット:小さい茶碗&左手で箸を持つ

食事の量や内容を変えなくても運動を継続していれば痩せることは出来ます。なのでダイエット中でも食事を変えたくない人は無理に変える必要はありません。 食べることは生きること!なので好きなときに好きなモノを食べてください。 それでも食事の量を減らしたい人は茶碗を買い換えてください。今使っているものよりも小さいものにします。 炊いていないお米の1合は150gです。炊飯後は350gになります。 茶碗一杯分の […]

  • 2020.03.02

太っている女性のほうがモテる国にテレビが普及すると痩せている人を好きになるのか?

私たちの文化においては太っている女性よりも痩せている女性のほうがモテることが多いです。 テレビや雑誌でも痩せている芸能人やモデルが魅力的とされていますし、ダイエット特集は大人気です。太っている女芸人などはそのことをネタにしたり周囲からイジられたりと否定的に扱われることも多いです。 これは私たちが「痩せていることは良いことだ」と思っているからこのような内容にしているのでしょうか?それともこのような内 […]

  • 2020.02.26

バーナム効果:占いが当たると信じてしまう心理

占いを信じる人の割合は「ある程度信じる」という人も合わせると半分近くいるそうです。特に女性に多く、それなりの社会経験を積んでいるはずの30代、40代以上の人でもけっこうな割合で信じている人がいます。占いが当たっていると信じる背景には心理学のトリックが隠されています。 バーナム効果 アメリカの心理学者バートラム・フォアは次のような実験を行いました。 学生に性格についての心理検査を行いその結果を渡しま […]

1 2 12