フェロモン?性的に興奮している女性は脇汗の匂いで分かる

フェロモン?性的に興奮している女性は脇汗の匂いで分かる

人間の匂いに関する実験というのは色々と行われています。

有名なものでは同じ寮に住んでいる女性の生理周期が同調するという「寄宿舎効果」があります。
これはワキの下から分泌される物質の影響が考えられています。
実際に生理中の女性にその匂いを嗅がせると生理周期が乱れることが分かっています。

他にもパートナーの着用したTシャツと一緒に寝ると安眠できるという研究結果もあります。
DNAの相性が良い人同士はお互いの匂いを心地良く感じるというものもあります。

今回、新たに実験で示唆されたことは性的に興奮している女性の匂いは男性から好意的に評価されるということです。

男性を性的に興奮させることもできる?

イギリス・ケント大学のアルノー・ウィスマンらが行った面白い実験があります。

実験では女性に性的なビデオを見せました。
そしてどれくらい興奮しているかを自己評価してもらいます。

そして自転車を漕いでもらい脇の下から汗を採取します。
それを男性に嗅いでもらって評価させるのです。

その結果分かったことは男性は性的に興奮している女性の汗の匂いを好意的に評価する傾向があるということです。

またその匂いを嗅いだときに男性の性的興奮がどう変化するかも確認しました。
性的に興奮している女性の汗を嗅いだときのほうが男性の興奮は高まることが分かりました。

フェロモンが出たのか?

ちなみにこれがフェロモンなのか?ということですがおそらく違います。

そもそもフェロモンとは何かというと同属の生物を惹きつける物質のことです。
よく色っぽい人が「フェロモンがある」と言われることがありますが意味が違います。

人間から出ているのか?はまだ分かっていません。
出ていたとしてそれを認識できる器官を持っているのかどうかも分からないのです。

なので異性にモテるフェロモン香水等のインチキ商品に騙されないように注意しましょう。
どんな種類があるかも分からないですし体のどの場所から出ているのかも特定できていません。
これらの商品には科学的根拠がないのです。

また今回の実験のサンプル数は決して多くはありません。
追試による再現性がどれくらいあるのかも不明です。

ですから男性の皆さんは女性から好ましい匂いがしたからといって「エロいこと考えてる」などと思い込まないほうが良いです。

参考文献:Arnaud Wisman, Ilan Shrira. (2020).Sexual Chemosignals: Evidence that Men Process Olfactory Signals of Women’s Sexual Arousal.

心理学カテゴリの最新記事