営業スマイルは危険!メンタルヘルスに問題を引き起こす

営業スマイルは危険!メンタルヘルスに問題を引き起こす

むかしマクドナルドが「スマイル0円」というキャンペーンをやっていました。

実際のメニュー表にもハンバーガーなどと並んで「スマイル0円」と記載されていました。

そして本当に「スマイルください」と言う客もいました。

いまだに言う人もいるそうです。

もしあなたがマクドナルドの店員だとしたら「スマイルください」と言われても営業スマイルなど作ってはいけません。

「コイツいまだにそれが面白いと勘違いしてるよ!プププ!」という意味で笑ってあげなければなりません。

なぜなら営業スマイルをすると感情が疲弊し最悪な場合にはうつなどのメンタルヘルスの問題へと発展するからです。

マニュアルで強制された笑顔は心を疲弊させる

ノーザンプトン大学のクリスティーナ・キノーゼ・ガルシアはカスタマーサービスで働く人々の意識調査を行いました。

それによると顧客に対し前向きな態度を取ることに労力を費やしていると感じている従業員は感情的に疲弊していることが分かりました。

また他の研究者の調査ではファストフード店で働いている店員はマニュアルで笑顔を強制されている場合にメンタルを病みやすいということも分かっています。

自分の意思ではなく仕事のために作る笑顔は心に悪影響を及ぼすのです。

営業スマイルを勘違いしてストーカーになる男もいる

特に単価の安いお店は注意しなければなりません。

高い店と安い店を比べたときにクレーマーが多いのは後者です。

これは店員のレベルの問題ではなく客の質の問題です。
低所得層ほどクレーマー気質が多いのです。

そこで営業スマイルを振りまいてしまったら余計につけ上がらせてしまいます。
客が「自分は偉いのだ」と勘違いするのです。

また女性店員は別の問題もあります。

笑顔を向けられたときにそれを恋愛感情と勘違いするのは圧倒的に男性です。

これは進化論的にも当然です。動物のオスは「少しでも繁殖の可能性があるならチャレンジだ!」という気持ちになれなければ子孫繁栄できないからです。

アメリカのスーパーマーケットチェーンは笑顔で接客するキャンペーンを始めたところ従業員から訴訟を起こされました。
なぜなら男性客の一部がストーカー化したからです。

民法を読めば分かりますが売買契約において買い手の立場が上であるという決まりはありません。
無理に営業スマイルを作る必要はないのではないでしょうか?

参考文献:Cristina Quinones -Garcia, et al. (2012). The emotional effort of “service with a smile” as predictor of employees’ burnout.

心理学カテゴリの最新記事