他人に無関心なのは「スキゾイドパーソナリティ障害」という病気かもしれない

他人に無関心なのは「スキゾイドパーソナリティ障害」という病気かもしれない

人間は社会的動物と言われます。
つまり他者との関係の中で様々な活動を行い自己を確立する存在ということです。

しかし世の中には他人に無関心な人もいます。
強がっているのではなく本当に興味がないのです。

このような無関心さの原因は心の病気や過去の親子関係にあることが多いです。
この2パターンについて分かりやすく解説します。

スキゾイドパーソナリティ障害とは

スキゾイドパーソナリティ障害とは家族などの近親者を含めて他者と親密になりたいという欲求を持たない人を指す心の病気です。
他人に対して全くの無関心な状態です。
「シゾイドパーソナリティー障害」と呼ばれることもあります。

仕事・人間関係における特徴

スキゾイドパーソナリティ障害の特徴として1人でいることを好み社会的関係に対する関心の低さが挙げられます。
物事に無関心というわけではありませんので1人でできる趣味や仕事において高い成果を挙げることもあります。
また怒りや喜びの感情を表現することが少ないため何を考えているのか分からないと思われることもあります。

恋愛における特徴

性欲は低いことが多く性的接触や結婚・恋愛に興味のない人が多いです。
結婚している人もいますが自分からというよりはパートナーの積極性に押されてというパターンが多いです。

他人にどう思われるか?ということに無関心

他人が自分のことをどう思うかということにも無関心なことが多いです。
好かれていようと嫌われていようと気にならないのです。
一見良いことでもありますが、周囲と協力しながら物事を進めなければならないケースなどでは自己中に見えたり孤立してしまうこがあります。

原因

スキゾイドパーソナリティ障害の原因の一つとして養育環境が考えられます。
親が冷たい態度で接したり虐待をしたことによって人に対して期待しなくなるからです。

有病率

有病率は出典によって異なりますが1~3%前後とされます。

治療

同じ症状を持つ人同士で交流する集団療法などが治療法とされています。

名称に関する注意

かつては分裂病質人格障害と呼ばれていましたが精神分裂病(現在の統合失調症)とは関係のない障害です。
WHOの「ICD-10 精神および行動の障害―臨床記述と診断ガイドライン」では2005年1から統合失調質パーソナリティ障害と呼ぶようになっています。

病気以外での他人に対する無関心さと親子関係

スキゾイドパーソナリティ障害の原因は親子関係にあると説明しました。

子供時代にどう育てられたかというのは大人になった後の人間関係に大きく影響することが多いです。

スキゾイドパーソナリティ障害ではなくとも不適切な養育によって他人に無関心になることがあります。

この場合は本当に関心がないというよりは潜在意識の恐れによって親和欲求を押し殺していると考えられます。

過保護・過干渉

親が口出しし過ぎたり過保護に育てすぎると子供は他人を恐れるようになります。
コントロールされることの息苦しさをいつまでも覚えているからです。

それによって他人が自分に近づいてきたときに支配されるのではないかという恐れが出るのです。
飲み込まれるような息苦しさを感じて逃げ出したくなるこもあります。
それが続くことで他人に関心を持つことをやめるのです。

虐待・見捨てる

親から虐待されたり見捨てられるということは子供にとって生存の危機を意味します。
つまり死の恐怖です。これを子供時代に植えつけられた人は見捨てられることを極度に恐れるようになります。

すると2つのパターンのどちらかが出ることが多いです。
1つは見捨てられないように相手の言いなりになることです。

そしてもう1つは他人に近づかなくなることです。
見捨てられる恐怖を味わうくらいなら最初から他人に近づかないようにしようと考えてしまうのです。
そして無関心を装ううちに自分の本心が分からなくなってくるのです。

絆の喪失

人間が生まれて最初に接する他人が親です。
親との間にどのような絆を形成するかによってその後の人間関係のスタイルが決まります。

親との温かい絆が結ばれなかった場合には他人とは距離を取るものという基本スタンスが出来上がります。
それによって孤独でいることが当たり前と考えるようになり他人に無関心になるのです。

本当に他人に無関心なわけではない

ここで紹介した親との愛着の問題によって他人に無関心になっている人の場合は本当に興味がないわけではありません。

潜在意識のどこかでは誰かと強い絆で結ばれたいと思っていることもあります。

信用できるパートナーとの間で愛着の作り直しが行われることでそれが回復することもあります。

心理学カテゴリの最新記事