『北風と太陽』の教訓についてみんな勘違いしすぎだと思う

『北風と太陽』の教訓についてみんな勘違いしすぎだと思う

『北風と太陽』はイソップ童話の中でもかなり有名な物語です。

多くの人が「相手を説得するには温かい気持ちで接することが大事」という教訓を覚えているのではないでしょうか?

しかし『北風と太陽』には他にもいくつかの深い意味が隠されています。

例えば「小者は大事に扱い過ぎると調子に乗る」というメッセージを読み取ることもできるのです。

『北風と太陽』のあらすじ

ある日のこと北風と太陽がどちらのほうが強いのかという言い争いをしていました。

そして勝負をすることにしました。
どちらが旅人の帽子を取ることが出来るかを競うことにしたのです。

まずは太陽が強い日差しを浴びせかけました。
すると旅人はそれを遮るためにさらに深く帽子を被り直してしまいました。

次に北風が激しい風を吹きかけました。
すると帽子はあっという間にどこかへ飛んでいってしまいました。

この勝負は北風の勝ちです。

今度は旅人の上着を脱がせることが出来るかを競いました。

先に北風が強い風を吹きかけて上着を飛ばそうとしました。
しかし寒くなってしまった旅人は上着をギュッとおさえ、さらにその上からもう1枚コートを着てしまいました。

次に太陽が温かい日差しを注ぎはじめました。
すると旅人の体温が上昇しはじめさきほど着たコートを脱ぎました。
さらに照らし続けると上着まで脱ぎました。

この勝負は太陽の勝ちとなりました。

『北風と太陽』が伝えたいこと

北風も太陽も1戦目と2戦目ではそのやり方を変えていません。
それでも勝敗は変わりました。

これが何を意味するかというと同じ戦術でも相手によって反対の効果が出るということです。

小者は丁重に扱うと付け上がる

帽子は小者、つまり大したことのない人物を表しています。

北風によって簡単に飛ばされてしまいました。

これが何を意味するかというと小者の説得にちまちまと時間を掛けてはいけないということです。
強引に命令してしまったほうが手っ取り早いのです。

太陽がゆっくりと時間をかけようとしたのは失敗ということがいえます。

人間というのは自分が大した地位にいなくても相手が下手に出るとつけ上がってしまうものです。
ガツンと一発言ってやれば済む相手でも丁重に扱いすぎると自分が偉くなったと勘違いして勿体つけてくることもあるのです。

別の視点では強引に動かせるのは小者だけともいえます。

強制されると反発したくなる

人間には自分のことは自分で決めたいという欲求があります。
これが脅かされるということは心の自由を失うということです。

だから反発したくなります。
このような心の働きを「心理的リアクタンス」といいます。

北風がコートを脱がすことが出来なかったのがまさにこれです。
無理やりに脱がそうとすればするほどにギュッとおさえつけて反発しようとするのです。

心理的リアクタンスは日常のあらゆる場面で発生します。

恋愛

大好きな人との恋愛ほどうまくいかないのは必死になりすぎてしまうからです。
それが相手に自由を奪われるような危機感を与えてしまうのです。
恋愛は両思いでもない限り強引にせまらずに相手の気持ちが高まるのを待ったほうがうまくいくケースが多いのです。
北風ではなく太陽のようにゆっくりと気持ちを温めてあげなければなりません。

ビジネス

これはビジネスの場面でも同じことがいえます。
顧客に何かを買ってもらいたいときに商品のメリットを必死でアピールすると逆に怪しまれます。
北風のやり方では顧客が「騙されないぞ」と意固地になってしまうのです。

太陽のように顧客を熱くしなければなりません。
そのためにどうすれば良いかというと相手に喋らせるのです。
すると顧客は自分の意思でその選択をしていると思えるので前向きになるのです。
思うような説明が出来なかったと感じているときほど契約が取れたりするのもこのためです。
自分が喋れなかったということは相手のほうが多く喋ったということです。

北風ではなく太陽にならなければならないのです。

結論

『北風と太陽』の寓話から分かることは人に動いてもらいたいときは強引に説得するよりも本人が自分の意思で選択したと思い込ませるように誘導するのが効果的ということです。
ただし相手が小者の場合はこの限りではありません。