なぜ好きな人といるのに時間が遅く感じるのか?という実験

なぜ好きな人といるのに時間が遅く感じるのか?という実験

好きな人と一緒にいると楽しいので時間が経つのが早く感じるはずです。
しかし女性の場合は好きな人と一緒にいるときのほうがゆっくりに感じることがあります。

ミーニョ大学が18歳から27歳までの男女にスピードデートをしてもらいました。
参加者全員と短時間ずつ会話するお見合いパーティーのようなものです。

それぞれが会話する時間は180秒から375秒までが設定されますが参加者には時間は知らされません。時間になったら終了の合図がされるだけです。
そして会話が終了したあとに相手の魅力の評価とどれくらいの時間話していたと思うかを申告してもらいました。

すると男女で差があることが分かりました。

男性の場合は魅力的に感じた女性と会話したときは時間が経つのを早く感じました。
たとえば実際には300秒話していたのに自己申告では200秒と答えたりしたのです。

女性の場合は逆の結果となりました。
魅力的と感じた男性と話したときのほうが時間が経つのを遅く感じたのです。

なぜこのような違いがでるかというと脳内で処理している事柄が違うからと推測できます。

女性は良いなと思った男性と出会ったら情報を集めようとします。
一見すると良い人だけど実は裏の顔があったりしたら大変だからです。

様々な手がかりをもとに相手の本性を暴こうとするので認知リソースを使いますし、多くのことを記憶しようとします。
また相手に良いイメージを与えるために発言に気をつけたりもします。
こういった作業をしているときは時間が経つのが遅く感じると言われています。

男性の場合はこのような作業はしません。外見を重視するので一目見て良いと思ったら積極的にアプローチしようとします。
こういうときはいくら時間があっても足りないと思うので時間が経つのが早く感じるのです。

つまり女性は相手のことをよく知らないうちは時間が経つのが遅く感じることもあるということです。
相手を理解できたあとは時間が経つのが早く感じるようになってくるかもしれません。

参考文献:“Time Slows Down Whenever You Are Around” for Women but Not for Men