『思い出のマーニー』が意味するものは心理学で説明できる【ネタバレ注意】

『思い出のマーニー』が意味するものは心理学で説明できる【ネタバレ注意】

テレビで映画『思い出のマーニー』を見ました。
スタジオジブリの作品ですね。

原作は1967年にイギリスで出版された『When Marnie Was There』(Joan Gale Robinson著)です。
実はこの作品は心理療法を行っている人の間ではわりと知られた作品なのです。

日本の心理療法の第一人者である河合隼雄先生の『子どもの本を読む』(1985年)という著作の中で紹介されているのです。
なので私も原作を読んだことがあります。
しかし『子どもの本を読む』も読んだことはありません。

今回、映画を初めて見たのですがもっと早く見ておけば良かったと思いました。
ストーリーそのものが心理療法になっているのです。

なので心理療法や催眠療法の知識がない人が見ると意味不明になってしまう部分もあったのではないかなと思います。
でもこれからカウンセリングを受けようと思っている人は意味を理解した上で『思い出のマーニー』を見ると役に立つのではないかなと思います。

ここから先はネタバレ要素が満載ですのでまだ見てない人は気をつけてください。

ネタバレ注意:あらすじ

主人公はアンナという中学生の女の子です。
幼い頃に両親を事故で亡くしてしまいましたが、養女として大切に育てられています。
しかし事故だったとはいえ両親に捨てられたという意識が強くそれが心の傷になっているのです。
そのため友達も上手くつくることができません。

さらにあるとき養母が市から養育費を貰っていて、それをアンナに隠していることを知りショックを受けます。
喘息を患っていたアンナは療養のために養母の親戚の家に滞在することになります。
そこの家族はアンナに優しく接してくれ、なるべく自由に生活をさせてあげます。

ある日アンナは誰も住んでいない古びた屋敷を見つけます。
初めて見るはずなのになぜか懐かしさを感じます。
そしてそこでマーニーという同じ年くらいの女の子に出会います。
そのままマーニーと仲良くなるのですが、マーニーは実在しているのか夢の中の存在なのか分からないのです。

終盤になるとアンナとマーニーの関係が拗れてしまいます。
しかしお別れのときにマーニーが「私のことを許して」と言うとアンナも「許すわ」と言います。
それからはマーニーが出てくることはありません。

アンナはある老婦人からマーニーが実在の人物だったということを聞きます。
この老婦人はマーニーの幼い頃の友達だったのです。
マーニーは結婚し娘が生まれ孫も生まれたのですが、娘夫婦は交通事故で死んでしまったのです。

幼い孫娘を引き取ったマーニーは大切に育てました。
しかしマーニーもやがて亡くなってしまいます。
残された孫娘は養子に出されます。
その孫娘こそアンナだったのです。

やがて養母がアンナを迎えにやってきます。
そして養育費を貰っているということをアンナに伝えます。

アンナは幼い頃の記憶が蘇ってきます。
そして自分はマーニーに愛情いっぱいに育ててもらったということを思い出すのです。

そしてアンナの心にあったつっかえは無くなるのです。

潜在意識にいるもう一人の自分

『思い出のマーニー』のストーリーと意味を理解するには心理学について理解する必要があります。

心理学では潜在意識の中にもう一人の自分が存在するという考え方があります。
生まれたときからの体験や抑圧された感情によって作り出されたものです。
普段は意識することはありませんが普段の行動に大きな影響を与えていると言われています。

もう一人の自分はマイナスの感情や、罪悪感を持っていることがあります。
すると「私なんて生まれてこなければ良かった」「愛されるべき存在ではないんだ」と常に自分を否定し続けることになります。
この状態を癒すためには潜在意識を開放して、もう一人の自分と向き合うことが大切なのです。

そための方法として催眠療法があります。
催眠状態になると潜在意識のはたらきが強くなりますので普段は忘れているようなことまで思い出すことが出来るのです。
催眠療法は日本ではあまり有名ではありませんが米国や英国の医学会では治療法として認められています。

催眠にかかりやすい人の場合は眠ったような状態になり、まるで夢でも見ているかのように過去の記憶が蘇ってきます。
そしてその中で過去の自分と向き合ったり、自分を許すことによって心の傷を癒すことができるのです。

マーニーはお婆ちゃんであり自分でもある

『思い出のマーニー』の一番の謎というのはマーニーは誰なのか?ということです。
物語を最後まで見るとマーニーというのはアンナのお婆ちゃんだったということは分かります。

しかし物語の中に出てくるマーニーは主人公アンナと同じくらいの年頃の女の子です。
マーニーは幽霊なの?と思う人もいるかもしれません。
しかしマーニーは幽霊ではありません。

マーニーはアンナの潜在意識の中にいるもう一人の自分であり、幼少期のマーニーなのです。

アンナは催眠夢を見ているのです。
催眠夢とは催眠誘導によって見せられる夢です。
通常の夢と異なるのは見る内容をある程度コントロールできるということです。
催眠にかかりやすい人であれば見ることは可能です。

アンナの場合、あの屋敷を見ることがスイッチとなって催眠状態に入るのです。
そしてその中でマーニーに会っているのです。

アンナがなぜ少女時代のマーニーのことを知っているのかというと、一緒に暮らしていたときにマーニーが思い出話として語ってくれたからです。
なのでマーニーに会話をさせているのはアンナの潜在意識にある記憶です。

そしてアンナの潜在意識にあるもう一人の自分はマーニーの姿を借りてアンナに語りかけているのです。

マーニーがアンナに何度も「大好き」という言葉を言います。
これは潜在意識が愛されていたということを思い出させるために言わせていると考えることが出来ます。

アンナは事故や病気とはいえ両親とお婆ちゃん(=マーニー)が幼い自分を残して死んでいったことに恨みを感じています。
それによって周りの人と上手く関係を構築することが出来ずにいるのです。

別れのシーンでマーニーは「許してくれるって言って」と言います。
そしてアンナは「もちろんよ、許してあげる」と言います。
このシーンがこの映画の最も重要なシーンです。

ここでマーニーを許すことによって家族への恨みは消え、心のしこりがなくなります。
周りの人間との関係にしっかりと向き合える準備が整ったのです。

そして最初に向き合うべき人間である養母がやってきます。
養母は「自治体から育てる費用の補助が出ているの」と伝えます。

アンナはこのことを知っていましたが養母の口から話してくれたことでわだかまりがなくなります。
マーニーのことを話してくれた老婦人に「母です」と紹介することからも分かります。

こうしてアンナは自分自身で催眠療法を行うことで自分のトラウマを解消することが出来たのです。

『思い出のマーニー』は内容が意味不明と酷評する人もいますが私はとっても心に響く映画だったと思います。
数ヶ月とはいえお婆ちゃん(=マーニー)と過ごし、愛情をたくさん注いでもらった事実があったというところに心が温まりました。
まだの人はぜひ見てください。

映画と心理学カテゴリの最新記事